Read Article

白内障と老眼の違いについての豆知識

老眼と白内障の違いについてですが、まず老眼は近くの距離に焦点を合わせる為の機能そのものが衰える状態の事を言います。

これは目の中にある水晶体が年齢を重ねるにつれて老化することによって硬化をしてくる事が利用として挙げられます。

このような理由で近くの距離に焦点を合わせられずにぼやけて見えてしまいます。

また遠視と近視は似て非なるものであり良く間違えられますね。

遠視に関しては目の中の構造的問題で焦点が合わせられなくなり焦点が合う位置がなく、調節の機能を使い遠距離と近距離を同時に見ることになります。

そして老眼というものは近視や遠視とは全く異なり調節の機能自体が衰えてしまう現象の事をいいます。

近視の場合は近距離を見るのに慣れていますから老眼の自覚がなかなか分かりづらい事になりかねません。

白内障に関しては水晶体が白濁をしてくる状態の事をいいます。

実際は透明な組織なので光を通すことが出来るのが水晶体なのですが白濁することで光を通しにくくなってしまいます。

これは老化が原因の場合がかなり多いですね。また極稀に若年性白内障という症状がある方もいます。

また近視に関しては若ければ若いころ程進行が早くなり30代半ば位までで止まる事が相対的に多いようです。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

Return Top