Read Article

老眼で肩こりや頭痛を感じるようになりました

老眼で肩こりや頭痛を感じるようになりました

老眼 頭痛
老眼で見えにくい、焦点が合いにくくなると、当然、目が疲れます。

そして、一生懸命みようとした結果、視神経が疲れて、それが肩こり頭痛へとつながっていきます。

しかし、日常生活の中では、ある日ある時突然、焦点が合わなくなるといったことはなく、徐々に合わなくなっていきますから、気がつけば、最近見えにくくなった、そういえば肩こりや頭痛がするようだと感じてきます。

これは、老眼鏡をかけた場合でも同じです。

だんだん強度が変わってきて、焦点が合わなくなってしまえば、同じことです。

そしてこれも日常の生活の中で、少しずつ進んでいきます。

私自身でいえば、40代前半からいわゆる老眼という症状が出始めました。

もともとは近眼だったのですが、最初はなんだか目がかすむ、見えにくいということで、悪性の病気だったらという心配から眼科を受診しました。

すると、女医さんに優しく「老眼です。」と教えていただき、それからは老眼鏡とともに毎日を過ごしています。

比較的若くして老眼となったものですから、いわゆる遠近両用の境目の入ったレンズには抵抗感があり、近視用と老眼鏡と二つ持ち歩くようになりました。

しかし、私も老眼鏡を作るようになって初めて知ったのですが、老眼鏡はその方の見え方はもちろん、どの距離を見るかによってその度数は違うということです。

仕事等公私にわたってパソコンは使いますし、もちろん、書類に目を通したり、書物を読んだりもします。

だから、それぞれのシチュエーションに合わせた老眼鏡が必要になってきたりします。

つまり、老眼からくる頭痛を防ぐには、まず、老眼鏡をかける、それも必要に応じてシチュエーションごとに対策を練ることが必要になります。

そして、老眼の進み具合に注意して、適宜、老眼鏡も見直すといったことが必要になってきます。

なんだか気が滅入ることですが、生まれてからずっと目を酷使してきてますから、疲れて劣化していくのも仕方ないですよね。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

Return Top