Read Article

老眼予防のおすすめトレーニングならこちら

老眼は、知らず知らずに始まっているので直ぐには、気づかずに目の使い過ぎで疲れて見えにくいのかなと思ってしまいます。

テレビや遠くの物は、普通に見えているのであまり気にかけることがありませんが、本や新聞を見た時に、見えにくさがあり、その時にもしかしたら、老眼と疑います。

しかし、老眼イコール老化現象なので認めたくありません。

老眼は、老化によりピント調整力がスムーズにいかなるために起ります。

遠近トレーニングの方法で、緊張している毛様体筋を柔軟にすることでピント調整がしやすくなるので、改善していくそうです。

屋内や公園などの屋外でも可能です。

遠くの目標物を2m先に設定して近くには、目から30cmの位置に人差し指を立てます。

交互に遠くを見てから近くを見るようにしますが、しっかりとピントが合ったことを確認してから次の行動に移すことがポイントとなります。

ゆっくりと無理のない範囲で30回くらい続けます。

毎日、トレーニングを行うことで毛様体筋の緊張がほぐれて目の疲労が改善され、ピント調整もスムーズになり新聞や本を読むことも老眼鏡がなくても可能になっていきます。

老眼は、トレーニングで以前のように見えるようになるので欠かさず継続することが大事です。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

Return Top